社会を支える寄付や想いを繋げるファンドレイジング ~ファンドレイジング高知×土佐志民大学~

 

日本の寄付市場は東日本大震災を機に年々増え続けています。『寄付白書2017』によると、個人寄付は7,756億円(2016年)と推定されています。

また、内閣府が行った調査では「何か社会のために役立ちたいと思っているか」という質問に66.1%の人が“思っている”と回答しています。

今回は、この社会を支える「寄付」や「想い」を受け取り、活動に活かしているファンドレイジングの事例から、寄付や資金調達の手法、ファンドレイザーの役割について学び、考える講座を開催します。

寄付の仕組みに興味・関心のある方やファンドレイザーを目指している方、NPOの資金調達担当者など、ぜひお気軽にご参加ください。

 

*県内認定ファンドレイザー資格(※)者グループ「ファンドレイジング高知」とコミュニティカレッジ「土佐志民大学」の共同企画です。
(※)NPO法人日本ファンドレイジング協会が実施する認定ファンドレイザー資格制度

 

開催概要

日 時:2021年3月13日(土)13:30~15:30(受付:13:00~)

場 所:高知市市民活動サポートセンター

(高知市鷹匠町2-1-43たかじょう庁舎2階)

参加費:無料

定 員:15名

対 象:ファンドレイザー、ファンドレイジング・寄付の仕組みに興味関心のある方 等

内 容

基礎講座 「ファンドレイジング・ファンドレイザーとは?」

事例紹介
・スーパーマーケットや飲食店の「寄付つき飲食メニュー」
・お香典を社会に活かす「天国からの寄付ぎふと」
・高知市社会福協議会の取り組み

意見交換 「高知からはじめるファンドレイジングの取り組み」

 

申込方法・申込先

メール・電話・申込フォームのいずれかでお申込み下さい。

お申込みの際は、氏名、所属、電話番号、メールアドレス)をお知らせ下さい。

メールinfo@shiminkaigi.org

電話番号:088-820-1540

申込フォームhttps://forms.gle/cnvaoQU8cXng7Bv1A

チラシデータ

0313_ファンドレイジング(延期)

 

主催

ファンドレイジング高知、土佐志民大学(高知市市民活動サポートセンター、NPO高知市民会議)