若者支援を通して

Pocket

2017年5月より新しくNPO高知市民会議の理事となりました山波嘉律雄と申します。市民活動を通じてさまざまなことを学びたいと思っております。何卒宜しくお願い致します。

さて、日頃の私の取り組みはといいますと、大学卒業後15年間学校へ行けなくなった子どもたちや高校を何らかの理由で中退した方、また、引きこもりや発達障害などさまざまな生きづらさを抱えた方々の支援を行っております。「共育」を理念に日々勉強勉強の毎日です。

特に近年では引きこもりの高齢化(40代~60代)の相談が増えてきています。きっかけや周りの環境、またその背景は個々にさまざまではありますが、ただ一つ、共通している課題は「経済問題」。どのケースも必ずといっていいほどそこにぶつかります。なんとかこの問題をスムーズに解決できないものかとトライの毎日です。

また、子どもたちを取り巻く環境も日々変化しています。ツイッターやインスタグラム、フェイスブックなどのSNSや、インターネットゲームなど10年前では考えもつかなかった環境が当然のように子どもたちに浸透しています。

このように常に変化していく若者支援の現場に四苦八苦しながらの毎日ですが、関わった方にとって少しでもお役に立てるよう健康でこれからも現場に立ち続けることが今の一番の願いです。

理事  山波 嘉律雄