飲みもって食べもって「寄付ぎふと」in土佐の「おきゃく」

Pocket

飲みもって食べもって「寄付ぎふと」は、日常的にある『飲食』にNPOや社会貢献に取り組む団体への「応援」を乗せた寄付のしくみです。

実施協力飲食店が寄付金を含んだ飲食メニュー(寄付つき商品)を提供し、 お客様に飲食していただく度に寄付が入ります。 現在、8店舗の飲食店が年間を通して実施してくれています。

飲みもって食べもって「寄付ぎふと」は土佐の「おきゃく」とのコラボレーションで2011年度から始まりました。年々店舗も増加し、今では南国市、香美市でも寄付つき商品を提供してくれる店舗があります。毎年お願いするにあたり、以前は、土佐の「おきゃく」に合わせた期間が多かったのですが、3月いっぱい提供してくれる店舗が増えたことが一番の成果でした。

毎年「飲みもって食べもってラリー」と題し、参加者を募って高知市中心地の店舗をまわるイベントを開催しています。ワンドリンクと寄付つき商品を参加人数によって複数注文し割り勘するシステムです。今年は、夕方6時半に「咲くら」さんをスタートして、「春花」さん、「軍鶏伝」さん、「プティ・ベール」さん、「肉処 でべそ」さん、「cafe&bar SHELTER」さん、「HONEY.」さん、「ひょっとこ寿し」さん、「八金」さんの9店舗を参加者6人で食べ飲みしながら巡回しました。(内2件は挨拶のみ)

今回、初対面の参加者から、「人と人とのつながりを感じた良い一日でした。また今後ともこのご縁を大事にしたいと思います。」と御礼を言われた時、このラリーを企画して良かったなと嬉しく思いました。寄付つき商品を飲食するだけで社会貢献に繫がる素晴らしい取り組みだと思っていましたが、人と人との繋がりも生まれるんだなと実感しました。これからも飲みもって食べもって「寄付ぎふと」が発展していけるように、ご理解、ご協力をよろしくお願いします。

追伸
また、来年も「飲みもって食べもってラリー」を企画しますので興味のある方は連絡ください。日程が決まり次第、ご案内いたします。

理事  浦井 理恵