小さな一歩から世界は変わる

Pocket

夢で社会を元気にしたい!とNPOを立ち上げて活動を始めて14年が経ちました。
私自身が解決したい特定の社会問題があったわけでなく、人生に迷っている自分の小さな枠から飛び出したいとNPOの世界に足を踏み入れた!というのが正直なきっかけです。

立ち上げ当初の私たちは、知識や経験もなく、右も左もわからず、やるからには世界を少しもで良くしたいという「根拠のない情熱」だけで前のめりに進んできました。

活動を通してたくさんの方と出会い、いろんな刺激を受け、社会とは何たるかを勉強させていただきながらここまでやってきて、おかげさまで、地域の子どもたちに居場所や自然体験の提供や、ひとり親家庭の支援を行わせていただくまでに成長することができました。

そんな私たちNPOのもとに、活動に興味をもっていただいた中学生や高校生、大学生の若い世代の方たちから「ボランティアをしたい」と連絡がきます。

私が中高生の頃なんて自分のことだけで精一杯だったのに、「今の若者はすげ〜な〜」と感心するばかりです。

自分という存在が他者を元気づけたり、助けになったり、役に立ったり、また逆に元気づけられたりと、ボランティアでしか体験できないことを用意して、次世代へといろんなものを引き継いでいけたらと思います。

14年前に小さな一歩を踏みだした時、ここまで来られるとは思っていなかったですが、
でもまだまだ。

社会をよくする“小さな一歩”を増やせるように頑張っていきたいです。

NPO高知市民会議 理事
NPO法人GIFT 副理事
眞鍋大輔