さまざまな人、団体と繋がって

Pocket

私事ですが、今年5月6日に、「おうちスペースi」という多目的スペースをオープンしました。オープンから既に5カ月経ちましたが、その間、絵画展や朗読劇の開催、会議室など様々な形での活用が少しずつではありますが広がってきています。今後、年末まで多用な企画展を毎月開催する予定です。

 

さて、ここは、両親が亡くなって十年近く空き家になっていた主人の実家を耐震改修、つまりリノベーションしたものです。西側にあった床の間を撤去し駐車スペースを作りました。そして、主人の部屋だった二階の和室は大学生の息子の部屋としてそのまま残し、応接間とその二階部分(もと姉の部屋)は吹き抜けにしてギャラリースペースに、主人の両親の寝室だった部屋は談話室として活用しています。天井板はそのまま残しているので木の板目が懐かしいのか、ここでは皆さんのんびりして、時には2時間ほどおしゃべりして帰られる方もいらっしゃいます。

 

同時に、ここを拠点に活動する任意団体、その名も「おうちスペースi」も立ち上がりました。メンバーは9名。NPO高知市民会議が県教委より受託している多機能型保育支援事業を一緒にすすめているメンバー4名を中心に、劇団員、設計士、美術の教員から画材屋等々、多種多用なメンバーとともに、ここを拠点に、今後どんな活動を行っていくのかとっても楽しみです。

 

また、「おうちスペースi」の近隣にはとっても元気な方たちがたくさんいらっしゃいます。北隣にある病院は地域に開かれた病院としてお祭りや認知症カフェなど定期的に行っています。また、地区内の神社の夏祭りを復活させ大人気イベントを開催している団体や

地区の民生児童委員さんたちもとっても積極的に活動をされておられます。それから高知新聞の販売所でありながら地域の情報をニュースレターとして月1回作成、発行されている方など地域に根差した活動をされている方たちが多くいらっしゃいます。

 

このようにこの地区でさまざまな活動をされている方々と今後繋がって、「まちづくり」活動ができたら大きな広がりが生まれて来そうに思います。一人ではできないことは団体で、一団体でもできないことは他団体と繋がって… そうすることで思いがけない展開が生まれて来るのではないかと思います。これからの活動がとっても楽しみな今日この頃です。

「おうちスペース i 」 HP   https://ouchispacei.wixsite.com/ouchi-space-i

Facebook  https://www.facebook.com/ouchi.space.i/

Twitter   https://twitter.com/ouchi_space_i

 

田中佐和子