初クラファンで、ワシも考えた

Pocket

「こんな事をしたいけど、お金が無いや」サラリーマンだったら上司に掛け合うんだろうけど、

ワシのような自営業者にとって「やりたいことの資金をどう集めるか?」は極めて重要な任務だ。

その資金集めのために、昨年の暮れ、初めてクラウドファンディングに挑戦してみた。

ワシの目標は「夢ノートを5000冊製作して、それを活用した勉強会をする」こと。

そこで日本中のファイナンシャル・プランナーと一緒に、

レディフォーのクラウドファンディングで資金を集めることにしたが、

なんとか達成することができたのである。

https://readyfor.jp/projects/yume-note

 

途中の数週間はなかなか結果が出なくて、

「こんな事が大事だなんて考えているのはワシだけではないか」

と落ち込んでいたりしたのだが、最後の方は多くの方からご支援や応援メッセージを頂き、

しみじみと思ったものである。「想い(=夢)は必ず伝わるんだなぁ」と。

クラファンで学んだことは「自分の夢を人に知って貰うことで、

実現する可能性は高まる」ということなんだけど、

それこそが「夢ノート活用のポイント」だったりするわけで、

夢ノート製作のクラファンに成功することで、ワシの心には「夢の実現の行程」が、

深く深く刻まれたのであった。

 

 

石川智