「衝動が自分を動かす原動力」

Pocket

2020年は激動の1年でした

年初には想像のつかなかった1年間を過ごしました。

契機は2020年2月27日、時の総理大臣からの

「全国の小中高の学校一斉臨時休校要請」の発表でした。

突然の発表に驚きましたし、社会に無限の影響が広がることを直感し不安を覚えました

その発表を皮切りとして世の中の空気も確かに変わりましたし、

なにかできることをしなければ、、と

私の中でもスイッチが入ったことを記憶しています。

4月7日、全国を対象に緊急事態宣言が出されたことで、私はついに行動を起こしました。

最も強く影響を受けている飲食店を支援するために、

飲食店のテイクアウトメニューの情報をまとめて

掲載するホームページを立ち上げることを決意。

構想1日、作業2日、合計3日間で準備を整えて、4月11日にホームページを公開。

1日あたりのアクセスは最大7,000人を超え、

開設後1ヶ月でおよそ85,000人のアクセスを記録しました。

その後、夏、秋を経て現在の掲載店舗数は県内164店舗、

アクセスは210,000人を超えています。

この一連の動きから自分が危機に対して動くタイプなんだ、ということが改めて分かりました。

一昨年、愛媛県宇和島市の豪雨災害が発生したときにも、

災害ボランティアバスの運行を行う企画を発案し、

高知市社会福祉協議会と高知青年会議所に提案を行いました。

その際にも、災害ボランティア活動をまず

自分が経験しなければ、と現地に赴き復旧活動に参加をしたことを思い出します。

衝動

自分を突き動かす原動力。

何ができるのか?

普通ではないことが起きたときに動ける自分でいるのか?

そんな自問自答を具体的な行動につなげていける自分を再確認できた2020年、

そして2021年もきっとそんな自分に出会うことになるでしょう。

社会が混乱するたびに。

 

東森 歩

 

「高知の食卓」〜高知の飲食店のテイクアウト・デリバリー情報サイト

ホームページ