二回目の新婚と市民活動の協働

Pocket

今春、三女が就職で京都に戻る。
来る時が来た。妻と二人になる。

10年前、京都からUターンを決意。
しかし、京都で生まれ育った娘三人は違う。
ふるさとは高知ではなく京都。三人とも口をそろえて「京都に戻りたい」と言う。
そして、姉たちはためらいもなく京都へ旅立っていく。

そして、最後の三女も就職先を京都一本に絞り就職を決める。

妻と私が取り残される。
何年ぶりだろう、二人になるのは。
否応にも構えてしまいそうだ。

娘たちがいた、あたり前の生活を整理できるだろうか。
妻とどのように向き合っていくのか。
上手に絡まることができるだろうか。

がらんとした子ども部屋が3つ、机やベッドや教科書はそのまま。
広いリビングも落ち着かない、夫婦二人には広すぎる。

共通の話題が持てるだろうか。
いつも新鮮でいられるだろうか。
ドキドキ感は保てるだろうか。

自然に「おはよう」が言えるだろうか。
「おやすみ」「ありがとう」と言えるだろうか。
笑いあいながら買物に行けるだろうか。
いっしょにお風呂に入れるだろうか。
いっしょに旅行に行けるだろうか。

歳を重ねるごとに対話の時間は増えていく。
楽しく語り合っていけるだろうか。
一つの道を手をつないで歩めるだろうか。
それとも、パラレル状態になってしまうのだろうか。

市民活動団体の協働と似ている。
行政や地域との協働をみたとき「社会課題に取り組む、社会貢献をする団体」という肯定的な理解をしつつも、協働の相手となると、近づきつつも平行線を崩さない場合がある。

まるで子どもが巣立ったあと、ぎくしゃくしつつ世間体を崩さない仮面夫婦状態である。
そこに協働はなく協同、共同になってしまう。

老夫婦が手をつなぎながらお互いを心から尊重し、心から理解し、心から気遣い、心から敬う関係のごとく、市民活動団体と行政、地域がお互いを心から尊重しつつクロスし、絡み合い、スパークし、生涯続くべく新しいチカラが生まれたなら、これほど楽しいことはない。

こんな市民活動を目指していきたい。

もちろん妻とも。

理事  四宮 成晴